MIカリキュラムを通した生まれもった個性

予測不可能な未来の世界では、受験や学問上優れている事は、十分な成功につながります。その為子供達の個性を発達させる事は、子供達の将来を安定させる為に必要な事です。

ケンブリッジ幼稚園では、子供達の個性を信じ大切にしています。言葉に関して賢い子、算数、音楽、アートとそれぞれ 違って面で優れています。また、対人関係に優れている子供もいます。今の競争社会では、子供達が生まれもった個性を活か生活以外でも自信を持って発揮出来る様になる事が大切です。

多重能力

ハーバード大学の教授 ハーバードガードナーが言っている有名な理論の中に、 子供は、8 種類の知能を持っているという物があります。

子供達の個性を発達させるにあたり、8種類の知能を毎日の活動の中で使う事によって、優れた知能を今まで以上に強化し、弱い知能を目覚めさせるようにしています。

例えば、トピックを動物としましょう。お話しの中に出てくる特定の動物を使い、子供達の言語理解力を発達させていきます。他にも、体を使い 色々な動物の動きをマネしたりする事によtre、運動能力を発達させる事にもつながります。絵画制作では、リサイクル品等を利用する事によって、動物に対して持っていた限られた知識を強化する事になるでしょう。動物の歌を歌ったり、動物の鳴きマネをしたりする事によって、子供達の音感に焦点をあてる事が出来ます。
動物のビデオをみて、動物園に遠足(野外活動)に行ったりする事によって、自然に関しての理解を深める事にもなります。動物の餌の資金を集めたりすることによって対人関係能力の発育サポートにもなります。動物をグループに分けたり(例えば、陸、海、空に生存する動物や足がいくつある動物かなど)する活動をする事は、筋の通った算数、理科のお勉強にもなります。